サン構造エンジニアリング

鋼・コンクリート構造物の調査・診断・橋梁設計・各種土木構造物調査

055-235-3220

トピックス

TOPトピックス

令和元年7月 山梨県橋梁点検要領の改訂について

山梨県橋梁点検要領が改訂されました

令和元年7月に「山梨県橋梁点検要領(山梨県県土整備部)」が改訂されました。
平成23年4月の旧点検要領から8年振りの改訂となります。

今回の改訂では、定期点検における損傷程度の評価と対策区分の判定は「橋梁定期点検要領(平成31年3月 国土交通省 道路局 国道・技術課)」を参考に行うものとし、健全性の診断は「道路橋定期点検要領(平成31年2月 国土交通省 道路局)」に基づき実施するものとしています。
また、定期点検結果の記録は橋梁点検台帳作成要領に基づき、山梨県の記録様式として様式4-1~4-11までを取りまとめるよう定められました。なお、これまで作成していた「様式4-6」は今回の改訂で廃止となりました。これにより、損傷程度の評価に応じて対策区分の判定が自動的に決定する従来の判定方法は適用できなくなりました。
今後は、橋梁の置かれる環境や損傷状況に応じて適宜対策区分を判定する必要があり、点検従事者の知識と技術がこれまで以上に要求されるようになったと言えます。

改訂された点検要領は下記リンクよりご覧いただけます。

 ➢山梨県橋梁点検要領 令和元年7月 山梨県県土整備部